児童福祉

バレンタイン

main

こんにちは。
「暖かい日」と「雪の降る日」が交互にやってきて、気持ちもなんだかソワソワしている小林です。

2月14日、男の子にとっては、嬉しいバレンタインデー!
女の子もお父さんやお兄ちゃん、お友だちにチョコレートをあげて『乙女な1日』になったのではないでしょうか。

さくらでも2月12日〜2月16日まで、バレンタインウィークとして「チョコレートタワー」を実施しました。

01

みんな、チョコレートが流れるタワーに興味津々。
あま〜い匂いに、みんな「ワーーーーーイッ!」と喜びの声と満面の笑み(笑)

02

まずは、大好きなパンにトロトロのチョコをつけて「ぱくっ!!」

03

次は大好きな果物を、、、

しかし食べたいのに上手くいきません。
竹串で刺してもストンと落ちたり、くるりと回ってしまったり、、、

どうすれば、もっと上手くチョコレートをつけれるようになるかを少し考えてみました。

①【視覚機能】
  「両方の目で、しっかりとみる」
  目で見たものを捉える力【視覚機能】

②【身体イメージ、固有感覚、視知覚機能】
  「バナナの中心に向かって刺す」
  見た物の形や向き、手の動きを調整する力

③【触圧覚、固有感覚】
  「やわらかいパンは、ぐっと刺す」
  硬さや崩れやすさなどを感じて調整する力【触圧覚、固有感覚】

④【空間認知、立体視】
  「みかんにまんべんなくチョコが付くようにする」
  みかんの見えない部分も立体的な形を想像する力【空間認知、立体視】

お子さまの「上手くできない」に気づき、その子が「できること」を活用して声掛けやサポートをすることで、「バナナの真ん中に刺したら落ちずに食べられた」や「大好きなみかんにたっぷりチョコを付けて食べられた」と子ども達の笑顔につつまれた、あまくて美味しい時間になりました。

来年もまた、「チョコレートタワー」を実施したいと思います。

コメントを残す

*