児童福祉

特別企画 ダンス教室

ダンス

かなえる広場さくらでは、11月に利用児向けの特別企画として年長児、小学生を対象とした森ノ宮医療大学 作業療法士学科准教授の橋本弘子先生による「キッズ ダンス教室」を実施しました。

当日、お子さまはもちろん保護者の方々もダンスに参加。ステップを踏んでリズミカルなダンスもあれば、寝転んでゆっくり手足を動かすようなスローなダンスもあり、橋本先生の動きやダンスに魅了され、みんな自分の出来る動きやポーズを楽しんでいました。

参加した保護者の方から

・「子ども達でも理解できるような内容で、とても楽しんでいたように思います」

・「コミュニケーションの難しさや興味が乏しいところがあるので心配だったが、少人数で〇〇ちゃんのタイミングでいいよという雰囲気でよかった。」

・本人のタイミングで音楽、動き、お友達に触れ合う機会となって良かった。」

・「普段、保育園でのダンスの時間はポツンとなることがあるが、今日はいっぱい参加出来て本人も嬉しそうだった。」

などのお声をいただきました。

普段、楽しい音楽やダンスに触れ合うことがあっても自主的・意欲的に体を動かす機会が少ないお子さまにとって音と体と笑いを体感できる貴重な体験になっていれば嬉しいです。

次回、もっとたくさんのお子様に参加いただければと思っています。

 

 

橋本弘子先生(森ノ宮医療大学准教授)
保健体育中学校教諭・高等学校教諭、健康運動指導士、メンタルヘルス・マネジメントなど多彩な資格をもつ踊れる作業療法士。発達障害だけでなく、パーキンソン病や高齢者など、様々な人にダンスの楽しさとダンスが脳や健康に及ぼす影響の研究もされている魅力と才能にあふれる素敵な先生。ダンスが好きな子どもたちも多いけど、なかなか習う機会がないさくらの子どもたちのために、ダンスの楽しさを紹介していただきました。

※森ノ宮医療大学とかなえるリンクは産学連携協定をもち、地域の健康に貢献するネットワークを広げています。

コメントを残す

*