児童福祉

夏だ!プールだ!

pool

夏の暑さも和らいで、朝夕には涼しい風を感じられるようになり、季節の変わり目が身にしみる時期となりました。

そんな時期ではありますが、さくらでは夏休み限定で「大阪市立 西屋内プール」にてプール教室を実施しました。
8月14日、17日、23日、25日の4日間で計22名ものお子さまに参加していただき、みんな思った以上に楽しんでくれていました。

「水遊びは好きだけど、大きいプールはどうかなぁ‥‥」
「初めての場所だし、いつもと違うことで入れないかも‥‥」

そういった保護者の方々の心配の声もありましたが、結果お子さまたちは大喜び!

こだわりが強く、初めての場所が苦手な女の子。
リボンのついたお気に入りの水着が嬉しくて、笑顔でお母さんに手を振る姿を見せてくれました。

毎週、プールに通っている男の子。
自分で歩いたり走ったりすることができず、それを気にしてしまうこともあるのですが、
得意のプールでは“背浮き”や“潜り”を自慢気に披露してくれました。

さくらには地域保育所や幼稚園、小学校等に所属していない未就学のお子さま。
身体に障がいを持ち介助を必要とするお子さま。
運動学習能力が低く、泳ぎの習得が難しいおお子さま。
プール自体が初めてのお子さまもたくさんいました。

「水に親しみ、楽しんでもらう」
「水中の感覚を感じてもらう」
「身体をリラックスさせる」
「水中でバランスを取り、身体を浮かせてみる」など

他職種のスタッフが集まり、それぞれがしっかりと目的を持ちサービスの提供が出来たと感じております。

なにより、みんながプールの中で笑顔で遊んでいたことがとても嬉しく「実施してよかった」と思える4日間でした。
たくさんのご参加、本当にありがとうございました。

コメントを残す

*