未分類

ひなまつり

3月3日は女の子のいるご家庭では、おひなさまや桃の花を飾り、
ひなあられやちらし寿司などでお祝いをされているのではないでしょうか。

ちなみにちらし寿司は
三つ葉や玉子などが華やかに彩り、春を感じさせるため、
なまつりの定番メニューとなったそうです。

子どもたちの成長に感謝し、これからも病気になったり、
ケガをしたりしませんように。と願う日とされています。

3月の壁面飾りは、もちろん「ひなまつり」
男の子も一緒にお祝いします。

千代紙を使い、おだいり様とおひな様の着物をちぎり紙で製作しました。



IMG_0866



・どの模様の紙にしようか迷っている子。
・ビリビリと紙の破れる音に興味深々の子。
・力いっぱい引っ張ってちぎる子。
・指先でつまんで小さくちぎる子。
・ちぎった紙を重ねて貼る子。
・紙を丸めて柔らかくしてちぎる子。

それぞれのちぎり方、貼り方で一生懸命に製作し、
とってもかわいい着物ができました。

最後にペンやクレパスでお顔を描き、
冠(かんむり)や笏(しゃく)、扇(おうぎ)をくっつければ完成。
春の訪れを感じられる「壁面飾り」になりました。




※ちぎり紙
ちぎった紙を台紙に貼って表現した作品のこと。貼り絵、ちぎり紙とも言います。

コメントを残す

*